#9

平成29年度
獣医学部獣医保健看護学科4年

河野実里さん

#8

平成29年度
応用生命科学部動物科学科4年

髙橋帆乃佳さん

#7

平成29年度
応用生命科学部食品科学科4年

平木桃子さん

#6

平成29年度
獣医学部獣医学科3年

牛島大さん

#5

平成28年度
獣医学部獣医学科2年

田口諒さん

#4

平成28年度
獣医学部獣医保健看護学科4年

舘野友奈さん

#3

平成28年度
獣医学部獣医学科4年

永島さよりさん

#2

平成28年度
応用生命科学部動物科学科3年

松原 喜絵さん

#1

平成28年度
応用生命科学部食品科学科4年

菅野 究さん

_日獣を選んだ理由を教えてください。

「日獣の獣医保健看護学科は、獣医学部の中で獣医学科と併設されています。そのため、獣医の先生の指導を直接受けられるということと、敷地内に病院があり学生のうちに病院での診察・治療、看護師さんの働く姿を見られるという環境がとても魅力的でした。日獣なら治療のスペシャリストの方の授業を受けつつ、看護を勉強できると思い進学を決めました。
獣医学科は治療がメインになってきますが、看護学科では、動物の健康維持法や、病気や怪我をした時にどうしたらストレスなく治療を受けられるのかということも学びます。動物の事を一番に考えるのが看護師の仕事です。病気や怪我の専門知識だけでなく、それを飼い主さんにどう伝えるかという授業もあり、治療に関することだけでなく、動物や飼い主さんの目線に立つことも身に付けることができました。」

_今、精力的に活動されていることはなんですか?

「動物病院でのオペの補助です。私は看護臨床部門の研究室に入って腫瘍外科を専攻していて、肝細胞がんと血液検査の関係についてなどの症例を集めて研究しています。看護学科の外科の先生が腫瘍外科の担当をされているのですが、大学の附属病院で、先生のオペの補助を週2~3日しています。そこでは、授業や研究室で学んだ症例を教科書の知識に加えて、実際の検査結果や動物の様子を見ながら学べるのが勉強になります。机上で学んだ知識と実際の動物とを照らし合わせると頭に入ってきやすいですし、オペが終わった後の経過もみることができるので勉強がしやすいです。」

獣医学部獣医保健看護学科4年 舘野 友奈さん

_将来の展望を教えてください。

「動物病院から内定を頂きました。看護師さんが事務のお仕事をメインにされていて治療に携わる機会が少ない動物病院も多いと聞きますが、内定を頂いた病院では、リハビリの提案など、看護師の意見を聞いてもらえて、四年間日獣で学んだ知識を活かすことができる職場だと感じます。バリバリと働かれている先輩看護師さんを見ると、学生時代に勉強してきた人は、働いても勉強し続けながら仕事をするんだなあと感じ、私も、これからもっと頑張らなくてはと思います。将来、後輩たちの手本になるような先輩に私もなりたいですね。」


色々なことに興味があり「自分はある意味での飽き性」と話す舘野さん。毎日新しい医療の情報が入ってくる動物病院という職場は、様々な事に関心をもつ自身に向いていると感じているそうです。